SONYの重低音イヤホン『MDR-XB55AP』を買ってみましたのでレビューします

SONY MDR-XB55AP

つい先日、完全ワイヤレスイヤホン『JBL FREE X』を買ったばかりですが、今度はワイヤレスじゃないイヤホンを買ってしまいました。

完全ワイヤレスイヤホン『JBL FREE X』がっつりレビュー!『AirPods』を選ばなかった理由も
完全ワイヤレスイヤホンの中でもコスパの高さから人気の『JBL FREE X』を購入しました。購入の理由は、以前ご紹介した「Meilunz ...

SONYの重低音モデル『MDR-XB55AP』です。

気にはなっていたものの、ワイヤレスじゃない点が悩ましく購入を躊躇していました。

しかし低音を重視したイヤホンやヘッドホンはこれまでほとんど使ったことがなかったので、<低音>だけでなく<低価格>ということもありましたので、買っちゃいました。

ということでMDR-XB55APについてもご紹介したいと思います。

SONYの重低音イヤホンMDR-XB55APとは?

SONYのイヤホンは価格もさまざまですが、低価格でも音質がよいというの魅力という声が多く聞かれます。

その中でもMDR-XB55APの場合、”ベースブースター搭載”で重低音をより重要視した製品という位置づけです。

イヤーピースは、2種類の硬度のシリコンを組み合わせることで音質の劣化を防ぎ、なおかつ耳へのフィット感や装着性を向上させたとのこと。

アングルドイヤーピース方式により、耳の奥へと装着ができるため遮音性がアップしています。

有線イヤホンの大きな問題点である、ケーブルのからみを低減するためにケーブル表面に細かい溝を入れる加工がしてあります。

本体カラーのバリエーションは、「ブラック」「グリーン」「レッド」「ブルー」「グレイッシュホワイト」が用意されいます。

キャリングポーチもついてきます!

専用のポーチが同梱されいるので、イヤホンを傷や汚れから守ることができるので安心です。

スマートフォンでの「ハンズフリー通話」はもちろん可能。

※iPhone7以降の場合は「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」が必須となります。

ちなみに「Xperia」ユーザーなら、専用アプリ「SmartKey」でリモコンの操作をカスタマイズ可能だそうです。

詳細はSONY『MDR-XB55AP』の製品ページでご確認ください。

重低音イヤホンMDR-XB55AP、開封です

重低音イヤホン MDR-XB55AP

ここからはMDR-XB55APを実際に開封するところからご紹介していきます!

箱の正面には目立つように「EXTRA BASS」の文字が。

箱を裏返すと、イヤホンが見える小窓があり、その下に製品の特徴が記載されています。

MDR-XB55AP 開封

上部に目を移すと、そこには保証書が。

MDR-XB55AP 箱

裸のまま差し込んであるだけというシンプルさですが、落ちたりしないのか心配になりますが、簡単には引き抜けなかったので大丈夫そうです。苦笑

MDR-XB55AP 保証書

箱の底から開き、中身を取り出しますと、このような感じです。

MDR-XB55AP 中身

上段にイヤホン本体、その下に付属品である、イヤーピース、キャリングポーチなどが入っています。

イヤホンの方ですが、簡単に外れないようになっていました。

重低音イヤホン MDR-XB55AP

イヤーピースのところがケースにがっつりハマっており、それなりに力が必要でしたが、簡単に取り外すコツなどが記載されている訳ではありませんでした。

そうそう壊れたりはしないと思いますが、強引に取り外すとイヤホンに悪影響あるかもしれません・・・。

そして付属品含め、内容物はこんな感じです。

SONY MDR-XB55AP 同梱品

イヤーピースは、「SS」「S」「M」「L」が同梱されています。

イヤーピースと一緒にクリップも入ってます。

出荷時には「Mサイズ」がイヤホン本体に取り付けられた状態なので、つけてみてフィットしないようであれば別のサイズに変更する必要がありますが、これだけあればどれか合うはず?

こちらが「キャリングポーチ」。

MDR-XB55AP キャリングポーチ

とてもシンプルなデザイン。

外に持ち出す際には重宝するので、付属品なのはありがたい。

持ち出さないとしても、そのまま置いとくよりもホコリよけとしてケースは必須ですね。

SONYの重低音イヤホンMDR-XB55APレビュー!

MDR-XB55APのカラーですが、「グレイッシュホワイト」を選びました。

ホワイトというか、ほぼグレーといってよい色でした。

MDR-XB55AP グレイッシュホワイト

グレーが入っている白っていう感じではなく、本当にグレーって感じです。

白いのはクリップだけ。苦笑

白いイヤホンが欲しい方は「グレイッシュホワイト」は選ばないほうがいいと思います。

というよりも、あくまでホワイト一択の方には別のイヤホンをオススメします・・・。

かなりグレーが強いので個人的にも微妙な心境ですが、まあ自宅メインで使う予定なので、許容範囲です。

色以外で気になった点としては、低価格モデルということもあって、使われている素材がどことなく安っぽいようには思います。

当たり前かもしれませんが、高級感はありません。苦笑

余談ですが、イヤホンの左右については、「L」「R」の表示もされていますが、さらに左にだけ突起物があり、触ってわかるようにもなっていました。

MDR-XB55AP イヤホンLR 確認方法

音質はお値段以上!

それはさておき肝心なのは音質とフィット感(つけ心地)です。

まず音についてですが、重低音モデルというところがウリでもあるMDR-XB55APですが、実際に聴いてみると、たしかにウリである低音が強めにきます。

昨年末に購入した『JBL FREE X』と比べて、明らかに低音の迫力はこちらが上!

低音以外の音もクリアでキレイに聴こえます。

低価格のイヤホンでここまで重低音が出ていて、なおかつ全体的にクリアな音質で音楽に没頭できるのはかなりすごいかも。

感覚としては、それなりに高額なヘッドホンをつけているかのような感じすらあります。

実売価格で3,000円前後のイヤホンとは到底思えないレベルの音質を実現していると言っても差し支えないような気が。

正直、他の購入者の方のレビューを見ている時点では、SONYファンの過大評価も結構あるのでは?

なんて思っていましたが、まったくそのようなことはなく、本当によくできたイヤホンでした。苦笑

しかも思ったよりもその重低音が耳への負担にはならず、意外にも長時間の利用でも疲れる感じはほとんどありません。

このあたりはオーディオメーカーSONYの技術力の高さがなせる技なのかもしれませんね。

フィット感、遮音性はかなり高め

イヤーピースのフィット感は良好です。
個人的には、右耳と左耳の形状にそれなりに違いがあるようなので、イヤーピースをそれぞれ別サイズにしたほうがフィット感はアップしました。

結果的に音楽に没頭はできますが、遮音性がかなり高いため、外出時の使用には注意が必要だと思います。

というか歩いているときや人と接するときなどは使わないほうがいいです。
外部の音はほとんど入ってきませんので。

自宅などでじっくりと音楽を楽しんだり、仕事や勉強で集中したいときなどには向いています。

ケーブルは本当にからみにくい?

MDR-XB55APは、重低音以外に、ケーブルがからみにくいというのがウリ。

「セレーションケーブル」というものが採用されていますが、見た目に絡まっているような状態に見えても、軽く振るような動作をするだけでパラパラとほどけていくよう感じです。

多くのイヤホンケーブルで悩ましい<からむ>という問題はかなり解消されている感じです。

とはいえ、絶対にからまない訳ではなく、それなりにからんでいることもあったりします。(すぐほどくことはできます)

SONYの重低音イヤホン『MDR-XB55AP』よかったです

昨年末に完全ワイヤレスイヤホンを買っておきながら、あえて長〜いコードのイヤホンMDR-XB55APを今回購入しました。

実売価格で3,000円を切る低価格なイヤホンでしたが、明らかにお値段以上の品質。

購入後は、自宅ではMDR-XB55APばかり使っています。笑

ムダ使いになることなく、本当に買ってよかったと思えるレベルの製品でした。

大げさでなく、それなりのヘッドホンをつけているかのような音で聴けるのはお得感ありです!

あとは耐久性がどうかが気になるところですが、こればかりはしばらく様子をみることにします。

イヤホンは消耗品と言って差し支えないと思いますので、あまりお金をかけずに迫力ある音を手に入れたいという方には、SONYのMDR-XB55APはかなりオススメです。

イヤホンの買い替え時にワイヤレスじゃなくてもOKな場合は候補の一つにあげてみてはいかがでしょうか。

以上、SONYの重低音イヤホンMDR-XB55APのレビューでした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク