マルちゃん製麺を『鳥取ゴールド牛骨ラーメン』のスープで食べてみたら…

marumendetottorigold_3

以前、スープのクオリティがカップラーメンレベルを超えているとご紹介した、寿がきやの『鳥取ゴールド 牛骨ラーメン』。

その後もお気に入りのカップラーメンとして頻繁に食べています。

その時の記事はこちらです。
⇒銀座 香味徳 監修『鳥取ゴールド牛骨ラーメン』を食べてみました!【寿がきやカップ麺】

ただ、その時にもお伝えしましたが、鳥取ゴールドはスープのクオリティに対して面や具材がかなり弱いということがあります。

そもそも、カップ麺なのでお店のラーメンと比べちゃいけないのですよね。

でも、『鳥取ゴールド 牛骨ラーメン』のスープは店で出されてるレベルのスープと言っても決して言い過ぎではないくらいなので、余計に面と具材の弱さが目立ってしまうのです・・・。

そこで今回、ふと思いついたことを実際に試してみました。

麺が自慢のカップラーメン『マルちゃん製麺』と『鳥取ゴールド 牛骨ラーメン』の牛骨スープのコラボです。

marumendetottorigold_1

「マルちゃん製麺の麺を鳥取ゴールドのスープで食べたらもっと美味いんじゃない?」

という思いから、カップラーメン同士なのですぐに検証できることもあって、早速やってみたのです。

スポンサーリンク

鳥取ゴールドの牛骨スープをマルちゃん製麺に

今回、『鳥取ゴールド 牛骨ラーメン』のスープにコラボさせてみたのは、『マルちゃん製麺 芳醇こく醤油』です。

marumendetottorigold_2

あくまで麺を入れ替えたらどうなるかという検証なので、マルちゃんが何味とかは加味していませんので、たまたま目に留まった「こく醤油」を選びました。

念のため、両者の基本構成を。

『鳥取ゴールド 牛骨ラーメン』は、かやく、後入れの液体スープとかやくがもう1つ。

marumendetottorigold_5

一方、『マルちゃん製麺 芳醇こく醤油』は、かやく、そして後入れとして、液体スープと焼きのりという内容です。

マルちゃん製麺に入れるのは、鳥取ゴールドの牛骨スープとあとのせかやくです。

お湯を入れる前に投入するかやくは、マルちゃん正麺のものを使い、焼きのりも残します。

marumendetottorigold_4

鳥取ゴールドからもってくるのは、あくまでスープと、その味に直接的に関わるブラクペッパー入りのあとのせかやくにします。

※牛骨スープを取ってしまった『鳥取ゴールド 牛骨ラーメン』の方には、マルちゃん製麺のスープを入れて、こちらももちろんいただきます。苦笑(かやくはそのままです)

marumendetottorigold_7

お湯を入れて5分。

marumendetottorigold_8

マルちゃん正麺に鳥取ゴールドの牛骨スープとあとのせかやくを投入。

最後に焼きのりを乗せて完成です。

マルちゃん製麺に鳥取ゴールド牛骨ラーメンのスープを入れた結果

marumendetottorigold_9

いざ実食となった、『鳥取ゴールド 牛骨ラーメン』の牛骨スープを使った『マルちゃん製麺』

普通に鳥取ゴールドのカップ麺をそのままを食べる時より美味い!!

麺がマルちゃんに変わるだけで明らかに味がアップです。笑

スープはとても美味いところに、麺がこだわりのものになるだけでも大きな違いです。

そもそもカップ麺なので、お店とは違うのは当たり前としても、もはやインスタントの域を超える組み合わせかも・・・。

若干大げさかもしれませんが、それくらい鳥取ゴールド 牛骨ラーメンとマルちゃん正麺のコラボは大成功でした。

元のものが食べられなくなりそう。苦笑

たとえインスタント麺でも、そのクオリティ次第ではこれほどまでに味わいが変わるんですね。

と同時に、やっぱり『鳥取ゴールド 牛骨ラーメン』のスープは、カップ麺のレベルを超えていると再確認できました。

本当、ナイスコラボでした。

同時に、鳥取ゴールドの麺にマルちゃん正麺の芳醇こく醤油のスープを入れたものもきちんといただきました。

marumendetottorigold_10

こちらは、若干申し訳ないことになりましたが、これはこれで美味しくいただきました。笑

といった感じで、『マルちゃん正麺』のスープを、寿がきやの『鳥取ゴールド 牛骨ラーメン』のスープに変えて食べてみた結果、とても美味かったというお話でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク