イヤホンの音が変わる?DIME 2月号の付録『COMPLYプレミアムイヤホンチップ』」使ってみました

DIME 2月号 付録 イヤホンチップ

トイレにいきたくて本屋に入った際、雑誌『DIME』の2月号に目が止まりました。

「あなたのイヤホンで極上の音が楽しめる!!」との見出しで高級イヤホンチップが付録としてついていたからです。

購入後、確認してみると、箱正面には「音楽体験をグレードアップする!」

そんな期待させる言葉も。

DIME COMPLYプレミアムイヤホンチップ

このDIMExCOMPLYプレミアムイヤホンチップは、シリコンの30倍やわらかいということですが、イメージできませんので、まずは手にとってみます。

COMPLYプレミアムイヤホンチップ

イヤホンチップのサイズですが、今回の付録として同梱されているのは「Mサイズ」のみでした。

COMPLYプレミアムイヤホンチップ Mサイズ

袋から取り出す際に、若干手にベタッとくるような感じがあります。

手がベタベタする訳ではありませんが、そんな気がする手触りです。

スポンサーリンク

DIMExCOMPLYプレミアムイヤホンチップの使い方

DIME COMPLYプレミアムイヤホンチップ 使い方

音質やフィット感が気になりますので、さっそく使ってみたいと思います。

DIMExCOMPLYプレミアムイヤホンチップをイヤホンに取りつける際の装着方法も同封されています。(パッケージの裏面)

COMPLYプレミアムイヤホンチップ 装着方法


イヤホンチップの装着方法

①イヤホンにチップをとりつける
②チップを絞るように細く丸める
③耳にやさしく挿入
④チップが膨らむまで約30秒まつ


これで耳に自然とフィットするとのことです。

ちなみに対応イヤホンについてもQRコードがありますが、購入して開封してから非対応だとキツいので、そこは購入前に知りたいところです・・・。

おそらく取り付け不可のイヤホンの方が少ないとは思いますが、ちょっと気になりました。

話を戻して、今回取りつけるのは前回レビューしたSONYの重低音イヤホン『MDR-XB55AP』です。

SONYの重低音イヤホン『MDR-XB55AP』を買ってみましたのでレビューします
つい先日、完全ワイヤレスイヤホン『JBL FREE X』を買ったばかりですが、今度はワイヤレスじゃないイヤホンを買ってしまいました。の重低音...

装着前にDIMExCOMPLYプレミアムイヤホンチップ軽く潰してみましたが、時間の経過とともにたしかに元の形へと戻っていく様子が確認できました。

プレミアムイヤホンチップ やわらかい

プレミアムイヤホンチップ 感触

説明通りイヤホンチップを潰してから耳に差し入れてみました。

約30秒くらいとのことでしたが、最初はとくになにも感じませんが、しばらくまっていると、チップが耳の中で広がっているであろう感覚がかすかにあります。苦笑

イヤホンチップが広がって耳にしっかりフィットしているのはたしか。

それだけに『MDR-XB55AP』と同様、もしくはそれ以上に遮音性はかなり高めな印象をもちました。

前回の『MDR-XB55AP』レビューの際にもお話しましたが、私は明らかに右と左の耳でイヤホンのサイズが違います。

しかしこのDIMExCOMPLYプレミアムイヤホンチップのような耳のサイズに合わせて調整可能なタイプだと、それぞれのチップサイズ変更をしなくてよいのはかなり嬉しいポイント。

同時に遮音性がより高いため、こちらもまた外出時の使用は極力控えた方がよいです・・・。

DIMExCOMPLYプレミアムイヤホンチップで音質は変わる?

COMPLYプレミアムイヤホンチップ 音質

イヤホンチップを付け替えて、その音質の違いを確認してみました。

COMPLYプレミアムイヤホンチップ レビュー

重低音イヤホン『MDR-XB55AP』で聴いた場合と比べると、より色々な音がしっかり耳に入ってくる感覚があります。

『MDR-XB55AP』でも、重低音というだけでなく、高中音域もいい感じで鳴っていましたが、よりクリアに耳に入ってくるような印象です。

ボリュームをある程度下げたとしても音がしっかり届くおかげか、聴き心地はとても良好。

イヤホンチップがやわらかいこともあって、耳への負担も少ないので、より長時間での使用も負担が少ないと言えます。

まさに「音楽体験をグレードアップ!」してくれました。笑

雑誌の付録でこれだけのものがついてくるとは。

買ってよかったです。

DIME 2月号』は、2018年12月15日発売だったので、あと少し遅かったらこのイヤホンチップを手にできていなかったかもしれませんので、そこはトイレに感謝です。

ちなみに、付録ではなく「COMPLY」のイヤホンチップを購入する場合は、1パックに1ペア、もしくは3ペア入ったものがあります。

1ペアか3ペアかは選べますが、チップのサイズはあくまでも1つのみで、複数のサイズが一緒になったものはないみたいです。(MならMのみです)

そこは、純正のイヤホンである程度適正なサイズを確認したうえで、選ぶ前提だからかもしれませんね。

でも本当に使い心地が良かったので、今回のものが使えなくなったら、次はこれを購入しようかと思います。

以上、『DIME 2月号』特別付録DIMExCOMPLYプレミアムイヤホンチップを試してみた感想でした!

スポンサーリンク
スポンサーリンク