2018年のiPhone、ホームボタン廃止が決定的で『iPhone 8』の売上が伸びる予感です

2018iphone_homebuttonhaishi1

以前、『iPhone 7』から『iPhone 8(PRODUCT RED)』に機種変更を行なった件をお伝えしました。

2018年のiPhone、ホームボタン廃止されそうなので『iPhone 8 (PRODUCT) RED』に機種変更した話
このたび、『iPhone 7』から『iPhone 8』に機種変更を行いました。カラーは限定モデルである「PRODUCT RED」を選択。カラ...

その理由については記事の中でもお話ししておりますが、2018年に登場する新型iPhoneでは、ホームボタンが廃止されるとみていたからです。

そしてどうやら、それは決定的であると確信しました。苦笑

例年通り9月発売に向けてAppleの準備が進んでいるのは間違いなく、各所からのリーク情報を踏まえると、昨年発売された『iPhone X』をベースとしたデザインで落ち着くようです。

ホームボタンが消え、フルディスプレイを歌いながら完全なベゼルレスではなく、ディスプレイ上部にありノッチ(出っ張ってる箇所)はそのままみたいだし・・・。

しかも、さらにディスプレイサイズを大きくしたモデルも登場する可能性が高い。
スマホにそこまで大きなディスプレイが必要なのかどうしても疑問ですが、こちらも決定的と思われます。

ちなみに2018年の新型iPhoneのデザインについて、かなり信憑性の高い動画も最近増えていることからも、ホームボタンがiPhoneから失われてしまうのは、もはや疑いようがない感じです。

スポンサーリンク

ホームボタン廃止で『iPhone 8』が売れる予感

2018iphonegaureru

出典:https://www.apple.com/jp/iphone-8/

2018年9月に登場する予定の新型iPhoneからホームボタンが廃止されることがハッキリした時点で、旧モデルとなる『iPhone 8』シリーズがおそらく売上アップとなるでしょう。

昨年の『iPhone X』と比べて「顔認証」の精度が新型でどれくらい上がっているかわかりませんが、iPhoneのある意味象徴的な存在である「ホームボタン」が無くなることに残念な思いを抱いているiPhoneユーザーは少なくないはず。

思い起こせば、『iPhone 6』が発売された時には、背面のカメラレンズの出っ張りがAppleとは思えないデザインで、『iPhone 5s』の売上が伸びたこともありました。

背面カメラレンズの出っ張りについては、AppleのCEOであるティムクックも改善するつもりはなさそうなので、あれこれ言ってもどうしようもないでしょう。苦笑

ただ今回は、「ホームボタン」というiPhoneを操作する上で当たり前のように存在していた使い勝手のよいものが廃止される訳です。

毎年のようにモデルチェンジするのですから、色々と変化が避けられないのは理解できますが、そこをなくすのはなんか違う気が個人的にはしています。

いずれにしても2018年の新型iPhoneが、スペック的に驚くほどの進化があるとは思えませんので、発売のタイミングで値下げされるであろう『iPhone 8』シリーズの売上が伸びることは十分にあり得ることでしょう。

ちなみに、『iPhone 8(PRODUCT RED)』については、昨年の『iPhone 7』のときを踏まえると、新型iPhoneの発売に合わせて販売が終了する可能性が高いと思われます。

断言はできませんが、気になる方は要チェックです。

ところで革新的な製品はいつでるの?

以前にも口にしたと思いますが、ティムクックがトップになってからのAppleは、いまだ革新的な製品を世に送り出していません。

ジョブズの遺産を焼き直したような製品をメインに、ラインナップはどんどん増加させている印象です。

それでも、使いやすさなどで突出しているApple製品は自分にとっても欠かせない存在であることは事実。

だからこそ既存の製品に手を加えたところで地味にバージョンアップをし続ける感じのAppleは、いまひとつ美しくない。苦笑

ジョブズの着眼点や情熱が凄すぎたのかもしれませんし、このカリスマとティムクックCEOを比べること自体がナンセンスなのかもしれないです。

そうだとしてもAppleというブランドからはユーザーが驚くような製品が出てくるものだと、どうしても期待してしまいます。

そのようなこともあり、2018年の新型iPhoneは自分にとってはもどかしい存在と言えそうです。

ビジネスですから利益追及もわからないではありませんが、驚きと感動を真っ先に感じられる。

Appleにはそんな企業であってほしいと願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク